社員総会事例
株式会社うるる 様


世界最高の一枚岩
~笑顔と感動の決起会&上場記念パーティ~
株式会社うるる 様

概 要

六本木ミッドタウンにあるビルボードライブを使って年に一度の全社イベントを実施。経営方針を全社で共有する他、社員、アルバイト、派遣、委託社員を対象とした表彰式、交流会を実施しました。上場のタイミングも重なったことから、上場パーティーも同時に開催し、創業から今に至る会社の歴史を共有、『人のチカラで世界を便利に』というビジョンを再確認。上場を通過点として全員で次のステージへ歩み始めるイベントを目指しました。

「人のチカラ」でイベント創り

時代の流れに合わせて世の中は常に変わり続けています。時代に合わせた会社のあり方「何を変えるのか」を常に伝えていく必要があります。それと同時に私たちの会社では会社の理念、ビジョン、スピリットという「変わらないもの」があります。これは会社に関わるすべての人に浸透させる必要があります。もちろん日常では個々で伝えていますが解釈に少しずつ違いも出てきますので「何を変えるのか」「変わらないもの」は改めて経営トップから全員に向けて発信し、会社の標準合わせの場として設けています。
全社イベントは全員が同じ場所、同じ時間で顔を合わせて交流できる「人のチカラ」が発揮されるスタイルですので私たちにはとてもフィットする手法です。

こだわり①「事前の期待を上げる」

イベント開催に向けてこだわったのは事前の期待を高めることです。特に今回は上場のお祝いも兼ねた特別な会でしたので盛り上げる必要がありました。数社の会社に提案してもらいアイデアを募りました。その結果、会場を知る人ぞ知る音楽の聖地ビルボードライブTOKYOにし、イベント告知は全社員にチケット形式の招待状を作成、一人ひとりに上司からの手書きのメッセージカードと共に手渡しして事前に演出しました。そうしてこの会が特別な会であることを演出するとともに「どんなイベントだろう」「なにが起こるだろう」「参加したい」と気持ちを高めて意欲的に参加してもらうように工夫しました。

こだわり②「手間を掛けて気持ちを伝える」

わたしたちの会社には正社員、契約社員、アルバイト、派遣社員、委託社員など雇用形態の違う従業員がいます。会社に関わる人すべてに感謝し、喜んでもらうために年に一度のイベントでは全員対象の表彰式を設けて感謝の意を示します。この表彰式にはこだわりがあり手間を惜しみなく掛けます。表彰は徹底してサプライズ、事前には伝えません。しかし一方で社外、社内の人を巻き込んですべての人でお祝いします。本人に知られないようにご家族、友人、そして海外にも出向き多くの人を巻き込んで「こんな人から、こんな事まで」と笑いあり、涙ありのサプライズ演出が成立します。このこだわりが受賞された本人に感謝の意として伝わり、雇用関係を超えた会社の一体感となり新しい力を生み出していきます。

こだわり③「泣ける位の感動を」

そして今回は上場記念でもありましたので創業者であり上場の立役者の社長に社員全員から「感謝を伝える」「泣ける位の感動を」という想いが強くありました。そこでエンディングでは創業から今日までの足跡と全社員からのメッセージVTRをサプライズでプレゼントしました。この演出には社長の会社から株主様の会社へ変わる意味もありましたので、社長を始め全社員とも感慨深く感動的なセレモニーになりました。

社内イベントのポイント

社内イベントは「参加して良かった」「いけなくて残念だった」と思ってもらえるような内容にすることが大切だと思います。会場選び、コンテンツ、演出など参加者が楽しめるという視点で必ず企画をします。通常業務もやりつつ、時間の限られた中で準備を進めるのはかなり大変ですが、この「ひと手間かける」ことがマンネリ化せずに継続させるポイントだと思います。そのためには「まず事務局が成功に向けコミットしてやりきる」「いつからでもできると思わずに早めに準備をスタートさせる」「イベント会社などプロのノウハウ、ネットワークを活用して効率的に行う」ことが成功のポイントだと思います。是非皆さんも「人のチカラ」で皆さんの会社らしい、こだわりのある社内イベントを実現させてください。

株式会社うるる
管理本部 総務人事部 秋元さま

 

POINT1: 事前に期待を高め参加者を巻き込む。
POINT2: 惜しみなく手間をかけてこだわるコンテンツ。
POINT3: プロのノウハウを活用して効率化。
foot_info

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena