80周年式典事例
マルミ光機㈱ 様


創業80周年記念式典
~参加者に楽しんでもらう「こだわり」~
マルミ光機株式会社 様

概 要

カメラレンズフィルター専業メーカーのマルミ光機様は創業80周年の節目を迎え、ザ・プリンス パークタワー東京に於いて周年イベントを社内向けに実施。東京、大阪、長野の拠点の社員が一堂に会して交流を深め80周年という歴史を振り返り100年企業に向けて未来へ一歩を踏み出しました。

周年の節目に何を行うか

創業80周年という大きな節目に社内で何かやろうと経営者から提案がありました。普段会えない社員を一堂に会し、感謝を伝えたい。そのために社内旅行、パーティーなどのアイデアが出ましたが東京、大阪、長野の社員の時間を掛けずに実施する案として周年パーティーの案が採用されました。いくつかの外部パートナーに声をかけて最終的に東京観光の要素、見晴らしという点でザ・プリンス パークタワー東京の33Fスカイバンケットにおいて実施を決定しました。

ポイント①「おもてなし」

イベント開催に向けてこだわったのは参加した社員が来てよかったと思ってもらえるように料理やお土産にこだわりました。経営者からはコース料理で社員と一緒に80周年を祝いたいという要望がありコース料理を選びました。事前に経営者みずからが試食を行うなどメニュー選びにも時間をかけ社員に楽しんでもらいたいという気持ちを込めました。また当日持ち帰ってもらうお土産選びにも、社員やらご家族でも楽しんでもらえるように品物選びをいたしました。(グラマシーニューヨークのお菓子、江戸切子のクリスタル、文明堂の80周年オリジナルカステラ等)

ポイント②「交流」

東京、大阪、長野の拠点のメンバーが一堂に会する機会は普段ありませんのでこのイベントを通じて交流をはかりたいと思いました。立食スタイルですと話しやすい普段のメンバーで集まる傾向があるので今回は抽選で席決めを行い各拠点のメンバーが各テーブルに配席できるように工夫をしました。当初はなかなか話題が進まないのではと心配がありましたが料理が進むにつれて雰囲気も和みだし各テーブルともに交流が進むようになりました。小さな工夫でしたが普段会えない拠点のメンバーが交流するという目的は達成することができました。

ポイント③「社史ムービー」

周年行事では欠かせない会社の歴史を振り返るという演出では今回とても苦労しました。昔の写真がほとんどない中で社員旅行、展示会、社屋などの写真を各部署にお願いをして集めまた直近に開催される社員行事などの写真撮影もお願いして素材を集めて社史を社員一同で振り返ることが出来たのはとても効果的な演出になりました。

手間を掛ければ気持ちは伝わる

今回の創業80周年イベントは「何かやろう」と決まってから、「普段会えない各拠点の社員が一堂に会して交流を深めたい」「経営者から従業員の皆さんに感謝の意を伝えたい」という想いを叶えるために約5カ月間をかけて準備をしました。会場選び、料理メニューの検討、配席の工夫、社史ムービー、お楽しみ企画、お土産選びなどイベントの細部にこだわって準備しました。その結果参加者の皆さまから「参加して良かった、楽しかった」という声をもらうことができ、私たちの気持ちが伝わりました。今思うと時間がない中細部までこだわってよかったと思います。周年イベントは何十年に一度しかない機会です。こだわりを持って創れば必ず気持ちは伝わると思います。

マルミ光機株式会社
総務部 高橋さま・山下さま

 

POINT1: 感謝の気持ちをカタチにする。
POINT2: 交流のための工夫。
POINT3: 手間をかければ気持ちは伝わる。
foot_info

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena